パラリンピック

佐藤友祈(モリサワ)TikTokで話題のストレッチや筋トレを解説!

こんにちは、Kです。

今年はコロナ禍ということもあって、賛否両論となっている東京オリンピックですが、今回のオリンピックは怒涛のメダルラッシュですね!

私もステイホームをしているので、こんなにいろいろな競技をゆっくり見られているのは初めてです。例年は会社の付き合い、友人の付き合い等でなんだかんだリアルタイムで観戦できていませんでした。

もう、見ていて気持ちいい!沢山メダルを取ってくれますから。国歌も何回も聞けました。やっぱこうでなくちゃね!でももうすぐ閉幕になっちゃいます。残念。

パラリンピックメダル候補の佐藤友祈さんとは?

そして間もなく東京パラリンピックの開幕です。

このパラリンピックでも多くの日本メダリスト候補がいます。

佐藤友祈さんもその内の1人です。

佐藤友祈さんは私が数えただけでも正式大会で22個程のメダルを獲得しています。その内、前回リオパラリンピックで陸上400メートルと1500メートルで銀メダルを獲得しているんです。そんな佐藤友祈さんは今回もメダルへの期待が大いにありますし、佐藤友祈さん自身もツイッターで「絶対に金メダルをとる!」とおっしゃっていました。

佐藤友祈さんのプロフィールを紹介します

  • 佐藤友祈(さとうともき)
  • 1989年9月8日生まれ 31歳
  • 静岡県藤枝市出身 岡山市在住
  • 株式会社モリサワ所属
  • 趣味は旅行・ゲーム・以後・映画鑑賞
  • 座右の銘は、夢は叶えるもの
  • 2021年1月プロに転向

元々、地元の高校を卒業後に水産加工会社に就職していたのですが、半年程で退職。上京し、演劇の仕事を目指していたそうです。車いす生活になってしまったのは、約10年ほど前に脊髄炎が原因。当時はツラかったでしょうね、しかしロンドンパラリンピックを見たのをきっかけに陸上をはじめ、なんと3年で世界選手権で初の世界タイトルを獲得。翌年のリオパラリンピックで銀メダルというとんでもない早さで偉業を達成しています。

パラ競技でもプロというのがあるんですね、初めて知りました。チームprierONEという名前は香取慎吾さんが考えたそうです。

佐藤友祈さんが所属する株式会社モリサワとは?

株式会社モリサワは手動写真機の製造メーカーとして1924年に創業。現在はデジタルフォントやソフトウェア開発販売を行っている情報・通信分野の会社です。

TOKYO2020のオリンピック・パラリンピックのオフィシャルスポンサー契約をしていて、TOKYO2020公式フォントの開発も手掛けています。

障がい者スポーツの支援を積極的にしていて、日本障がい者スポーツ協会・日本車いすバスケットボール連盟への協賛もしています。

そういったスポーツへの支援、取り組みが評価されてスポーツ庁から「スポーツエールカンパニー」に認定されています。

佐藤友祈さんの推奨のストレッチや筋トレ

佐藤友祈さんは車いす使用者なので座りながら出来る健康ストレッチや筋トレをTikTokで多数紹介しています。どういったストレッチがあるかと言うと

  • チューブを使う、使わない腕のエクササイズ
  • チューブを使う、使わない肩のエクササイズ
  • チューブを使う、使わない肩甲骨のエクササイズ
  • チューブを使った胸のエクササイズ
  • 手首のエクササイズ
  • 背中のエクササイズ
  • 上半身のエクササイズ
  • 首のエクササイズ
  • 二の腕のエクササイズ

沢山の動画を出してますね。座りながら出来る上に、簡単なので誰でも取り組みやすいと思います。

佐藤友祈さんはプロ選手として活動している方なので、理にかなったエクササイズになっていると思います。ご高齢の方でも無理なく出来る内容ですので、コロナ禍でなまってしまっている方、固まってしまっている方、皆さん是非やってみてください!