パラリンピック

高室冴綺(たかむろさき)戦績や所属するスタートラインとは?

こんにちは、Kです。

もうすぐパラリンピックが開催になります。皆さん東京オリンピックは見ましたか?連日メダルラッシュで大盛り上がりでしたね!

今回は東京開催ということもあって、これまで以上にパラリンピックも注目度高いです!

今回紹介するのは女子車イステニス代表選手の高室綺綺選手です。

今回パラリンピック初出場なので、これから羽ばたいていく選手です!

調べてみましたので見てきましょう!

高室冴綺選手の経歴や戦歴

名前:高室冴綺(たかむろ さき)

生年月日:1995年1月2日

出身:埼玉県

所属:スタートライン

生まれは中央区ですが、育ちが埼玉県と言った感じでしょうか。

先天性の骨の病気を患っていたそうなのですが発祥したのは中学生の頃。徐々に悪化し、高校生の頃から歩行が困難になりました。多感な時期と重なりますし、きっとツラい思いをしたのではないでしょうか?

車いすの生活になってからは家に引きこもりがちになっていたと言います。

歩けなくなる直前までは、サッカーやバスケットボールが好きでしたが、高校を卒業をしたのちの18歳に母の勧めでスポーツイベントに参加、車いすテニスを見たことがきっかけで、車いすテニスをはじめたそうです。それが2013年の事。

最初の2年くらいは運動不足の解消にぐらいに思っていたのが、どんどんのめり込んでいき、猛練習を重ねた結果、なんと2017年には本格的に国際大会へ出場を開始しました。

パラリンピック選手の努力、成長の早さには本当に驚かされます。競技を始めて4年弱でもう国際大会に出場しているんですよ?にわかには信じられないですよね?でもパラリンピックの代表選手にはそういった選手がたくさんいるんです!高室冴綺選手もその1人です!

過去の成績

2017年:ノーズウエストチャレンジ ベスト8

2017年:コリアオープン シングルス ベスト8

2017年:Daegu Open シングルス ベスト8

2017年:ダンロップ神戸オープン ダブルス準優勝

2021年:LOUGHBOROUGH INDOOR WHEELCHAIR TENNIS TOURNAMENT ベスト8

国際大会含めベスト8に入っていますので、パラリンピックでメダルの獲得の期待がされます。是非頑張ってほしいです。

車いすテニスのルールは?

車いすテニスのルールは一般的なテニスのルールと同じです。ただし車いすと言う点はもちろんツーバウンドまでの返球が認められているという違いがあります。

障がい度合いによってクラス分けがされていて、中には電動車いすを使用していたり、握力がない場合はラケットと手をテーピングで固定したりしている。

ボールはスローな事も多いがぞの分頭脳戦のようになったり、華麗な車いすさばきがあり、大変見所が多い競技です。

一般のテニスのように4大大会であるウィンブルドン、全豪、全米、全仏オープンがありパラスポーツの中でも世界的に知られている競技となっています。

所属の株式会社スタートラインとはどんな会社?

高室冴綺選手が所属している株式会社スタートラインという会社も調べてみました。

2009年に設立、本社を東京都三鷹市においた障がい者の雇用に尽力する会社のようです。主な事業としては、障がい者の雇用コンサルタント・カウンセリング、障がい者向け求人サイト運営、障がい者専用の人材紹介、障がい者雇用のための各種研修やセミナーの開催、インターンシップの受け入れ等があります。

近年、企業では積極的に障がい者を採用していますが、そんな企業約200社と障がい者約1200名のサポートしています。

まとめ

高室冴綺さんと競技について、所属の株式会社スタートラインについて調べてみましたがどうだったでしょうか?直近の大会でもベスト8にはいっていますから、メダル目指して頑張ってほしいですね!みんなで応援しましょう!